【H2】島倉大輔のコミックロジック!!その3

スポンサーリンク

島倉大輔のコミックロジック!!
漫画大好きアンペアー島倉大輔が、漫画の中での名台詞を、勝手に紹介したいと思います☆★
第3回目の今回は、地元群馬を代表する漫画家であり、島倉が一番好きかもしれない漫画家のこの作品…
『H2』
(あだち充 作)
あだち作品に多い高校野球を題材とし、スポーツ、青春、恋愛、友情、ギャグ、感動…と、色々な要素のつまった最高の作品です!
主人公の国見比呂と、ライバルであり親友の橘英雄。
二人のヒーローと、それを取り巻く友人、恋人が、複雑に絡み合いながら、青春を謳歌していく。
そんな中、比呂の最高のバッテリーでもあるキャッチャーの野田が、お調子者であり、実力も比呂に劣る二番手ピッチャーである木根のピッチングに
『ボール半分中に入ったな』
と、細かい注文を出す。
注文が細かいと文句を言う木根に対して、野田が言った台詞が…



sanma.jpg
『おれは、八百屋にサンマは注文しねえよ。』



お前ならそれだけのコントロールで投げ分けられる実力があるはずだよ!!
ってことだけど、そんな言い方はせず、
皮肉りつつ、ふざけつつ、それでも相手を認めている。
俺は、この空気感と言うか、台詞回しの小気味良さが、あだち漫画の魅力だと思ってます。
それが存分に出ているこの台詞。
もう最高です!!
あなたもこんな時にこの台詞を使ってみよう♪



部下が頼まれた仕事を失敗し落ち込んでいる時…
『おれは、八百屋にサンマは注文しねえよ。』
リモコンに手が届かなくて、親に取ってくれるようお願いする時…
『おれは、八百屋にサンマは注文しねえよ。』
彼女から別れ話を切り出された時に…
『おれは、八百屋にサンマは注文しねえよ。』
八百屋に買い物に行ったら、会計の時になぜかサンマの料金が含まれていたとき…
『おれは、八百屋にサンマは注文しねえよ。』
使い勝手抜群!!



ということで、島倉大輔のコミックロジック!!3回目の今回は『H2』からでした。
H2は、それぞれのキャラクターが個性的で、全員魅力満載!
先の読めない展開!
ぜひ読んでみることをおすすめします!!
そして、作者のあだち充先生、もしくは小学館の方!
上州お笑い熱血塾はスポンサーを募集しております!
なにとぞなにとぞ…m(_ _)m

コメント

  1. しゃんりんしゃ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    『H2』は、カフェレストラン観覧車で、全巻読むことができます。今度、あだちマンガに出てくるような若い娘を紹介しようと思ってます。

  2. ちひろ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    急に観覧車の宣伝きた!

  3. 島倉 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    もうこんだけ宣伝してるならスポンサーになれや観覧車マスターさん(  ̄▽ ̄)

  4. しゃんりんしゃ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おじやましましたあ。お金は無いけど、代わりに肉食系三、四十代希望の二十三才の娘、いかがすかあ?今度観覧車で、デートしてみてくださいな。

タイトルとURLをコピーしました